習いごと雑学 音楽

【音楽の基礎を学ぼう】基礎のキソ・音符と五線

クラシック音楽には決まりごとがあって、それによって同じ楽譜は誰が見ても同じように演奏できるということになっています。

その決まりごと=ルールさえ知っておけばどんな曲でも再現できるわけです。ではそのルールを基礎のキソから学んでいきましょう。

音符の種類

よく見かける音符をざっくりと挙げてみましょう。

4分音符

四分音符

2分音符

二分音符

8分音符
八分音符

全音符
全音符

「2分音符は2つ伸ばす」「全音符は4つ伸ばす」

「4分音符を半分にしたのが8分音符」

・・・などの解釈をされますが、これらは「4分音符」を基準にした考え方です。

基準が「8分音符」であれば、

「2分音符は4つ伸ばす」「全音符は8つ伸ばす」

「4分音符は2つ伸ばす」・・・ということになるのです。

基準はその曲によって違ってきます。「4分音符が絶対的に基準」ではないのです。

基準の音符によって拍子が決まる

あなたが作曲家だとして考えてください。

まず基準の音符を何にするか、決めます。

これは感覚的なものになってしまいますが、速めの曲なら8分音符・ゆっくりめの曲なら2分音符・普通の速さなら4分音符、という感じです。決まりはありません。

4分音符を基準の音符にする!と決めて、3拍子の曲にしようと思えば「4分の3拍子」になるわけです。

「4分の3拍子」は「4分音符が3つ繋がる」というサイクルで曲が出来上がっていくというものです。

ですから、4分音符だけで「1・2・3,1・2・3」と繋いでもいいですし、「それではおもしろくないな」と思ったら別の音符を挿入すればいいわけです。そこで8分音符や2分音符が登場します。(タンタンタンだけではつまらないのでタンタタタンにするとか。)

4分音符が基準の曲では「2分音符は2つ伸ばす」「8分音符は半分の長さ」ということになります。

前述のとおり、8分音符を基準にした「8分の6拍子」とか「8分の3拍子」では「4分音符は2つ伸ばす」という考え方になります。

音符の比率を知りたい!

そもそもの音符の関係性をお伝えしましょう。

音符のボスは「全音符」と思ってください。こいつが音符の中でもっとも大きい(=長い)ものです。

これを2つに分けた音符、それが文字通り「2分音符」です。

同様に4つに分けた音符が「4分音符」

同じく8つに分けた音符が「8分音符」

これを繰り返していけば理論上はいくらでも種類は増えます。実際には32分音符・64分音符くらいまで登場しますね。

音符一つは何秒?

ある生徒さんが全音符を「これはだいたい10秒くらい伸ばす」とおばあちゃんに教えてもらった、と言っていました。

なるほど、長さを表すのに一般的なのは時計の刻みですね。

しかしこれも、音楽の場合はちょっと違います。4分音符は1秒、と決まっているわけではないのです。

基準の音符を「1」として「2倍の長さ」「半分の長さ」というように相対的に成り立っていきます。

ただ作曲者によっては「♩=120」というような指示もあります。

♩=120とは?

メトロノームを120に設定すると速さを刻む音が出ます。これは「1分間に120回刻む音」です。つまり「♩=60」は1分間に60回刻む、これが1秒の速さということになります。

ヤマハ YAMAHA メトロノーム ブラック MP-90BK 定番の三角錐スタイル マット仕上げにより指紋が付きにくい仕様 ゼンマイ駆動 ネジ巻きツマミは巻きやすい新形状

新品価格
¥3,800から
(2021/5/25 09:58時点)

KORG メトロノーム MA-2 BKRD ブラックレッド 吹奏楽 ブラスバンド オーケストラ ギター 声楽 アカペラ 個人練習に最適 100時間連続稼働 軽量 コンパクト

新品価格
¥1,255から
(2021/5/25 09:59時点)

テンポのゆれ

コンピューターの音楽、デジタル音楽など人間以外のものによる音楽だと、ずっと決められたテンポで進行していくかもしれませんが、人間が関わる音楽は「ゆれ」と言われる現象が起こります。特にクラシック音楽では。これは人間の感情が起こすもので「エネルギーを貯めて貯めて~爆発する!」「激しさの後に穏やかになりたい」「気持ちが急いて早く行きたい」というような人の心を音楽によってあらわそうとする現象です。人の心を忠実に表現しようとしたら機械的な一定のテンポであらわすのは無理で、自然と「ゆれ」が生じることになります。

五線の種類(譜表の種類)

ト音譜表

ト音記号はよく見かける記号です。

「ト」とは何を表しているのでしょうか?

ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ=ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

ドレミの音名を日本語にしたものです。それに当てはめると「ト」=「ソ」

ト音記号は「ソ」と関係があります。ト音記号はソの音の線(下から数えて第2線と呼ばれます)をま~るく囲むようなかたちになっているのです。

ヘ音譜表

ヘ音譜表はピアノの左手の音符が記されたり、低音楽器の楽譜にはよく使われます。

つまり、低い音が書かれている譜表ということです。

「へ」とは上記の理論で考えると「ファ」です。

ファの音の線を二つの点ではさんで、これまた大事に抱えるようにま~るく包み込みます。

注意することは、このファはト音記号の音よりも低い(ドシラソファと下がった)音だということです。(下記「ト音・ヘ音ハ音譜表の関係」参照

ハ音譜表

ハ音記号というのはあまり見かけないかもしれません。ト音記号、ヘ音記号と同様、「ハ」つまりドの音と関係があります。

なぜこんな記号(譜表)があるのでしょうか?

ト音譜表は「高音部譜表」、ヘ音譜表は「低音部譜表」と呼ばれるように、楽器の音域によって見やすい譜表があるのです。

ハ音譜表はヴィオラ・チェロ・トロンボーン・ファゴットなどで使われます。

Cが裏返しになったようなマークが縦に2つ並んでいます。その真ん中がハの音(ド)になります。

ト音・ヘ音・ハ音譜表の関係

上の図のようにト音譜表とヘ音譜表のドの位置関係が成り立っています。

同様に上記の〇で囲んだ「ド」がハ音記号のドになります。

いろいろな高さの「ド」がありますから、この音を中心に覚えるといいですね。

ココがポイント

このドはピアノの鍵盤で見るとちょうど中央にある「ド」です。たいていはそのあたりにメーカー名(YAMAHAとかSTEINWAY & SONSとか)が書いてあります。

まだまだ続きます

音楽豆知識はまだまだ続きます。「あ~そうだったのか!」と思えることがたくさんあります。

人間は「知りたがり」です。知識欲はどんどん満たしていきましょうね。


-習いごと雑学, 音楽

© 2021 まなび no 研究室 Powered by AFFINGER5