音楽

【音楽豆知識】オーケストラと吹奏楽、何が違うの?

結論から言うと「使われる楽器」が違います。

オーケストラは「管弦楽」ですから管楽器と弦楽器が含まれます。

吹奏楽は「吹奏」ですから吹く楽器=管楽器が中心で基本的には弦楽器は含まれません。

もちろんどちらにも例外はありますが、基本の楽器について紹介します。

オーケストラの楽器

弦楽器4兄弟

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスが弦楽器の4兄弟です。

まさに兄弟で、形は同じ。低音を担当する楽器ほど大きくなります。

大きくなるということは①弦が長くなる②共鳴する空間が大きくなる、ということになります。

楽器によって得意とする音域があるので4種類の楽器になりました。

ヴァイオリン

全長約60cm、重さは300~600g。4兄弟の中では一番小さく、一番高い音域を担当します。

ヴィオラ

比較対象がないとヴァイオリンと同じように見えます。ヴァイオリンより10cmほど長く、音域もやや低いところを担当します。

チェロ

ヴァイオリン・ヴィオラと大きく違うのは肩に乗せない(あごで挟まない)こと。大きいので床に「エンドピン」という棒を立てて演奏します。全長約120cm、重さは3500gくらい。

コントラバス

チェロと同じようにエンドピンを立て、奏者も立って演奏します(高い椅子を使う場合もあります)全長約170~200cm、重さは10~15kg。

管楽器〈木管〉

フルート

高音域担当。兄弟楽器にピッコロがあります。ピッコロの方がさらに小型でさらに高い音を出せます。現在は金属製が多いのですがもともと木で作られていたので木管楽器になります。*金管楽器のように唇の振動で音を出す楽器ではありません。

オーボエ

フルートの次に高い音を担当。「白鳥の湖」の有名な旋律を吹くのがオーボエです。またオーケストラが演奏前にチューニングするとき最初に音(ラ=A)を出すのもオーボエ。音がよく通るんですね。

見た目はクラリネットとよく似ていますが大きな違いは吹き口です。オーボエにはリードという植物製の発音体が2枚ついていて「ダブルリード」と呼ばれます。

兄弟楽器にコーラングレ(イングリッシュホルン)があり、そちらの方が低い音が出ます。

クラリネット

出せる音域は中音から高音まで幅広いですが主に中音担当という感じです。まろやかな温かい音が出ます。

オーボエとの違いはリード(植物製の発音体)が1枚だけでそれをマウスピースに装着して音を出すということです。

クラリネット属と呼ばれるたくさんの同属があります(E♭管(エスカン)・B♭管(ベーカン)・C管(ツェーカン)など)

ファゴット(バスーン)

木管楽器の中の低音担当。兄弟楽器にコントラファゴットがあり、さらに低音を出すことができます。

大きな楽器なので演奏時にはストラップを使います。肩からかけるもの、首にかけるもの、たすきのようにするもの、座面に敷いて使うものなどがあります。

管楽器〈金管〉

トランペット

金管楽器の中で高音を担当します。長さによって「ピッコロトランペット」「アルトトランペット」「バストランペット」などがあり、それぞれ得意の音域があります。

ピストンバルブ、またはロータリーバルブといわれるバルブを押して、さらに唇を震わせることで音高を変えます。一般的なものはB♭管とC管です。オーケストラではC管が使われることが多く、B♭管は吹奏楽でよく使われます。

トロンボーン

金管の低音担当。トランペットとの大きな違いはスライドと呼ばれる伸縮管があることでしょう。このスライドの操作と唇の振動で音高を変えます。スライドを使うと、ピアノのような平均律で定められた音のすき間の音を出すことも可能になります。

ホルン

金管の中の中音担当。音色が柔らかく木管楽器とも調和します(小編成の木管五重奏などに登場します)カタツムリのように丸められた管と直径約30cmにもなるベル(朝顔と呼ばれます)が特徴です。丸められた管を伸ばすと全長約4mと長く、いろいろな奏法ができる反面、操作が難しい=音を外しやすいということもあるようです。

チューバ

金管の中で最も大きく低音を担当します。管の長さはホルン以上あり長円形に丸めてあります。それを縦に抱えるように持ちベルが上に向くようにして演奏します。他の金管楽器と同じくピストン式、またはロータリー式のバルブで音高を調節します。

打楽器

打楽器の種類はとても多く、楽曲によって「その曲でしか使わない」ものもあります。よく使われるものとしては、

大太鼓(バスドラム)・小太鼓(スネアドラム)・木琴(シロホン)・鉄琴(グロッケン)・シンバル・トライアングル・カスタネットなどがあります。すべて紹介しきれないので代表としてティンパニをご紹介。

ティンパニ

太鼓の仲間で唯一、音高が表現できる楽器です。通常、2個以上の複数で使われて違う高さの「音」を出せます。オーケストラの楽譜にもティンパニのところは音(音高)の指示があります。(打楽器はたいてい打点(打つタイミング)だけしか書かれていない)

特別出演の楽器

特別出演の楽器はオーケストラ・吹奏楽どちらにも登場します。銅鑼・ウィンドチャイムなどの打楽器がアクセントとして使われることが多いです。大きな楽器で一つハープをご紹介します。

ハープ

ハープ47本の弦を指で、7本のペダルを足で操作して演奏します。大きいので奏者は椅子に座って抱えるようにして弾きます。低音から高音まで広い音域を演奏することができます。

余談ですが

「楽器」を考えたときに身近にある「ピアノ」を思い浮かべる方も多いと思います。オーケストラや吹奏楽には基本的にピアノは登場しません。ピアノはどちらかというと独奏楽器で単独で演奏することが多いですね。オーケストラとピアノが一緒に演奏する曲は『ピアノ協奏曲』と呼ばれます。

吹奏楽の楽器

前述のとおり、吹奏楽には弦楽器は使われません。ただし、低音の補助としてコントラバスが使われることがあります。

木管楽器

オーケストラのヴァイオリン4兄弟に相当するのが、フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットと言えるでしょう。(オーケストラより使われる本数が多くなります。)それ以外に登場する楽器をご紹介します。

サクソフォーン(サックス)

見た目は金管ですが金管楽器のように唇を震わせることはなく、発音部分がクラリネットのようにリードになっているため木管楽器となります。「アルトサックス」「テナーサックス」「バリトンサックス」など音の高さによって大きさの違う同属楽器があります。

金管楽器

金管楽器もオーケストラに登場する有名どころ(トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバ)は吹奏楽でも使われます。(木管同様、オーケストラより本数が多い)それ以外の金管楽器をご紹介。

ユーフォニアム

 

トロンボーンと同じくらいの音域担当ですが、音色は柔らかくトロンボーンとホルンの中間のような楽器です。見た目は小型のチューバのようで縦に抱えるように持って演奏します。

スーザフォン

アメリカの作曲家スーザが考案した低音楽器。演奏者を囲むように管が巻かれて、ベルは奏者の後方から前(または上)に向かって広がります。立奏のために作られていてパレードやマーチング(行進)で活躍します。

まとめ

クラシック音楽で「交響曲」と呼ばれるものはオーケストラで演奏することを前提に作曲されています。吹奏楽でそれを演奏するには編曲しなければならないということになります。

吹奏楽のために書き下ろされた曲は各楽器の特性を生かしてそれぞれが活躍できるように作曲されています。

弦楽器の方がより弱い音が出せる分、どちらかというとオーケストラの方には繊細な表現を求めたり、吹奏楽にはダイナミックな表現を求めたり…というような傾向はあるかもしれませんね。


-音楽

© 2021 まなび no 研究室 Powered by AFFINGER5